【資産運用ガイド】目的別おすすめ投資10選!

FP2級とAFPを同時取得できるおすすめ通信講座!FP講師が厳選

こんにちは。

ファイナンシャルプランナー(1級FP技能士)でFP講師のhanaです。

FP資格には国家資格の「FP1級」「FP2級」「FP3級」と民間資格の「CFP」「AFP」がありますが、この記事では「FP2級」と「AFP」を1つの試験で同時に取得できるAFP認定研修に対応しているおすすめの通信講座を紹介します。

そのため下記いずれかにあてはまる人におすすめの記事です。

・「FP業務や金融機関での実務経験(2年以上)」または「FP3級資格を保持」のいずれにも該当しないが、いきなり「FP2級」を受験したい

・FP2級とAFPを同時に取得したい

・ゆくゆくはCFPを取得したい(受験資格の一つにAFP認定者の要件があるため)

hana
hana

FP2級を通信講座(AFP認定研修対応講座)で勉強するメリットは「合格に必要なノウハウをサポートを受けながら、効率的に自分のペースで学べる」という通信講座特有の部分だけでなく「受験資格の壁をクリアできる」という点も大きいと思います。

それでは、おすすめのFP2級・AFP通信講座を紹介します!

ユーキャンのファイナンシャルプランナー(FP)講座

FP2級通信講座のおすすめ1つ目はユーキャンの「ファイナンシャルプランナー(FP)講座」です。

ユーキャンは司法書士や行政書士などの法律系資格、簿記や医療事務、介護福祉士などの仕事に役立つ資格、その他にもボールペン字やイラストといった幅広い趣味・資格に対応している実績のある資格会社です。

なかでも「ファイナンシャルプランナー(FP)講座」は2020年オリコン顧客満足度で第1位に選ばれるほどの人気講座となっており、教材のわかりやすさや手厚いサポート体制に定評のある通信講座です。

ファイナンシャルプランナー(FP)講座の内容

教材:メインテキスト6冊、動画講義、WEBテキスト、提案書の作り方ナビ(冊子+DVD)、2級FP技能検定試験問題・解答解説、実技試験攻略ブック、FP総論テキスト、ガイドブック

サポート体制:添削指導(全8回)、提案書の提出、合格デジタルサポート、質問回答サービス(1日3問まで)

価格:(一括払い)64,000円、(分割払い)月4,980円×13回=64,740円

ユーキャンのファイナンシャルプランナー(FP)講座【公式サイト】

わかりやすさに配慮した豊富な教材

ユーキャンのファイナンシャルプランナー(FP)講座はメインテキスト6冊と、その6冊に対応したWEBテキストと動画講義(スマホやパソコンで閲覧可能)を使ってFP2級の知識を学ぶことができます。

メインテキスト6冊

・ライフプランニングと資金計画

・リスク管理

・タックスプランニング

・不動産

・相続、事業承継

・金融資産運用

「メインテキスト」フルカラーで作成されており、図表やイラストをもちいることで記憶に残りやすいよう工夫されています。

覚えるべき箇所、試験において大事なポイントが明確に記されており、難しい用語もかみくだいて説明してあるので、はじめてFPの勉強をされる人にもおすすめのテキストです。

スマホやパソコンから閲覧できる「WEBテキスト」「動画講義」メインテキスト6冊に対応した内容になっていますので、テキストと合わせて補助教材として活用することや、単独でも十分理解できる構成ですので外出中などテキストを開けないときも利用できます。

hana
hana

動画講義は1回5分程度のコンパクトな設計ですので、ちょっとしたスキマ時間に利用するのもおすすめです!

その他、AFP認定研修に必要な「提案書」の作り方を冊子だけでなくDVDをもちいてわかりやすく解説してあり、過去問の解説も間違いやすい部分や試験に出やすい部分を重点的に説明してありますので、効率よく学ぶことが可能です。

ユーキャンのファイナンシャルプランナー(FP)講座【公式サイト】

ユーキャンの3つのサポート

ユーキャンには3つのサポート体制があります。

1つ目が「添削指導」です。全8回で構成されており、内訳は科目別6回、総合模擬試験2回となっています。経験豊富なFP講師が担当しており、間違えてしまった部分の解説だけでなく苦手分野を改善するためのアドバイスや勉強のポイントを教えてもらうことができます。

2つ目が「合格デジタルサポート」です。試験に向けたスケジュール管理や学習の進捗状況をスマホやパソコンから確認できる機能です。さらにWEBテストの結果から苦手な問題を分析してくれる機能もありますので弱点の克服にも効果があります。

3つ目が「質問回答サービス」です。わからない部分をメールや郵送で質問できるサービスです。1日3問までの制限がある点と返答までにやや時間がかかってしまう点はデメリットと言えますが、わからない部分を資格のプロに質問できますので、苦手分野の改善に大きな効果が期待できます。

講座費用と教育訓練給付制度

ユーキャンの「ファイナンシャルプランナー(FP)講座」は上述しました通り一括払いで64,000円、分割払いだと月4,980円×13回=64,740円です。

AFP認定研修対応講座ですので価格設定が高いわけではありませんが(どちらかというと安いほうですが)、なかなかイタイ出費になります。(人それぞれ感覚は違いますが、私にとっては大金です…)

ただ、ユーキャンの「ファイナンシャルプランナー(FP)講座」は教育訓練給付(一般教育訓練)対象講座になりますので、雇用保険加入期間等の要件に該当する場合、かかった費用の20%(最大10万円)の支給を受けることができます。

要件は雇用保険の加入期間が通算3年以上(はじめて教育訓練給付制度を利用する場合は、通算1年以上)あり、講座申込時に教育訓練給付制度を利用する意思表示をして、受講修了後に修了証明書などの必要書類をハローワークに提出・申請することで1カ月程度で指定した銀行口座に受講費用の20%(最大10万円)が振り込まれます。

ユーキャンのファイナンシャルプランナー(FP)講座【公式サイト】

hana
hana

ユーキャンのファイナンシャルプランナー(FP)講座の場合、64,000円×20%=12,800円の支給となります!

ECCの「ファイナンシャルプランナー(FP)通信講座」

FP2級通信講座のおすすめ2つ目はECCの「ファイナンシャルプランナー(FP)通信講座」です。

ECCは英会話学習を中心とした教育事業を展開している創業1962年の歴史、実績のある会社です。

ファイナンシャルプランナー(FP)通信講座では「全員受験・全員合格を目指す」という徹底したサポート体制に強みがあります。

ファイナンシャルプランナー(FP)通信講座の内容

教材:講義DVD(31枚組・計67時間)、テキスト8冊、過去問4回分、WEB講義

サポート体制:回数無制限で質問できる(メールや電話)

価格:59,800円

ECCのファイナンシャルプランナー(FP)講座【公式サイト】

実績ある講師のDVDとサブノート型テキスト

ECCの教材は「講義DVD」「テキスト8冊」「過去問4回分」「WEB講義」の4つで構成されています。

「講義DVD」はテレビや雑誌、ラジオなどでも活躍されているお金の専門家「荻窪輝明」氏が担当されており、難しい内容もわかりやすく解説されていますので、はじめてFPの学習をされる人でもスムーズに学べると思います。

「テキスト」はメインで使用するというよりも講義DVDを視聴しながら大切な部分を書き込んだり、マーカーを入れたりして要点を整理するためのいわゆる「サブノート型テキスト」ですので、人それぞれで異なる弱点や苦手分野を中心に書き込むことでオリジナルのテキストとして使用できます。

また、オリジナル解説つきの「過去問4回分」は受講生からもわかりやすいと評判が高く、スマホやパソコンから閲覧できる「WEB講義」は外出先やちょっとしたスキマ時間にも活用することができます。

ECCのファイナンシャルプランナー(FP)講座【公式サイト】

回数無制限のサポート体制

ECCの「ファイナンシャルプランナー(FP)通信講座」ではわからない部分を回数無制限で質問することができます。

仮にわからない部分を自分で調べようとすると多大な時間がかかってしまったり、ネットなどで調べてもその情報が正しいのか確信が持てなかったりと何かと苦労してしまいますが、ECCではプロの講師に何度でも電話やメールで質問できますので、この点は大きなメリットと言えます。

講座費用と教育訓練給付制度

ECCの「ファイナンシャルプランナー(FP)通信講座」は一括払いのみで59,800円です。

ただしECCもユーキャン同様、教育訓練給付(一般教育訓練)対象講座ですので、雇用保険加入期間等の要件に該当する場合は受講費用の20%(最大10万円)の支給を受けることが可能です。

ECCのファイナンシャルプランナー(FP)講座【公式サイト】

hana
hana

ECCのファイナンシャルプランナー(FP)通信講座の場合、59,800円×20%=11,960円の支給となります!

ユーキャンとECCはどっちがいいの?

ここまで「ユーキャン」「ECC」のファイナンシャルプランナー講座についてお伝えしてきました。

2つのFP講座は価格面において大きな差はなく「ユーキャン(64,000円※分割も可)、ECC(59,800円)」、さらに資格会社としての信頼性や受講中のサポート体制についても両社しっかりしていますので「どちらの通信講座がいいの?」と、疑問を抱かれたかもしれません。

そこで、講座選びのポイントですが、2つのFP通信講座には学習スタイルに大きな違いがありますので、この点を基準にされると目的に合ったものを選択できると思います。

「ユーキャン」は、動画講義(1回約5分)がサブ的な位置づけでテキスト学習をメインにしているため、そのテキストはフルカラーで、かつ図表やイラストをふんだんにもちいており、重要ポイントや間違いやすい点などを徹底的にわかりやすく解説してあります。

ユーキャンのファイナンシャルプランナー(FP)講座【公式サイト】

「ECC」は、DVD講義がメイン(有名講師による計67時間の講義)であり、テキストがサブ的位置づけのため、そのテキストはシンプルにつくられており、大切な部分や間違いやすい部分は自分で判断して書き込んだり、マーカーを入れたりして学習するスタイルです。

ECCのファイナンシャルプランナー(FP)講座【公式サイト】

以上、参考になれば幸いです。

hana
hana

ファイナンシャルプランナー資格はお金に関するさまざまな分野(年金、保険、資産運用、税金、不動産、相続)を対象にしていますので、家計管理や資産設計に役立つ資格だと思います。

この記事がFP2級取得のキッカケになれば嬉しいです!