【資産運用ガイド】目的別おすすめ投資10選!

FP2級の実務経験とは?自己申告で嘘はバレる?受験資格を解説

この記事では<FP2級をいきなり取得したいと考えている人向け>に、受験に必要なFP2級の実務経験や、FP2級の受験資格について分かりやすく解説します。

FP(ファイナンシャルプランナー)の検定は、3級・2級・1級と3種類存在しています。では、実務経験なしの場合やFP3級を取得していない場合に「いきなり2級を受験」は可能でしょうか?

結論は、一定の条件を満たせば、いきなりFP2級が受験できます。

FP2級の受験資格

FP2級を受験するための資格・条件は、以下の3つです。

  1. FPとしての実務経験が2年以上ある
  2. 3級FP技能検定に合格している
  3. AFP認定研修を受講して修了している

FP2級の受験資格

FP3級であれば実務経験や認定研修の受講は一切不要で、誰でも受験できます。しかしFP2級は、上記3つのいずれかの項目に該当していないと受験できません。

FP3級を持たない人がFP2級をいきなり受験したいなら、下記のどちらかを満たしていることが条件です。

  • FPとして2年以上実務経験を積んでいる
  • AFP認定研修を受講して修了している

AFP認定研修とは日本FP協会が認定・実施しているもので、誰でも受講できます。このAFP認定研修の受講には、何かの資格が必要などの条件はありません。※認定研修はこのAFPの他、上級資格のCFP資格もあります。

「FPとして2年以上の実務経験」or「AFP認定研修の受講修了」のどちらかの条件を満たせば良いので、実務経験が無い人はまずAFP認定研修を受講しましょう。

AFP認定研修を無事に修了しさえすれば、(実務経験が無くても)FP2級の受験資格が得られるからです。最後の章の中で、もう少し詳しく解説します。

FP2級の実務経験とは?

FP2級の実務経験とは?

では、FP2級の実務経験として認められる業務にどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

  • 銀行員、保険会社の職員として勤務している
  • クレジットカード会社、証券会社などの金融機関に勤務している
  • 不動産、建設会社等の土地建物取引、建築業務に従事している
  • 官公庁などで経理や金融、財務を担当している公務員
  • 税理士、司法書士、弁護士、行政書士などの相談業務に従事している
  • 一般事業会社での経理担当者

こういった”お金”にまつわる業務に携わり、働き、業務として取り組んだ経験はすべて=実務経験ありと判断されます。

2級FP技能検定:受検資格「実務経験」については、日本FP協会のホームページに詳しく記載されているので、合わせてお読みください。

日本FP協会

実務経験は正社員以外でも可

実務経験として判断される雇用形態に、”正社員であること”などの記載・条件は一切ありません。つまりパートやアルバイト・派遣としての働きであっても、大丈夫です。

大切なのは経験年数であり、正社員かどうかなどは一切問われないので安心してください。

実務経験は過去の経歴も合算できる

複数の場所で少しずつ働いていた場合でも、FP実務経験の年数として合算できます。仮に1社目が銀行で1年半→その後、2社目に一般企業で1年働いていれば合計2年半です。

合わせることで、受験資格である2年以上をクリアしています。過去の経歴(実務経験)はすべて合算できて、カウント対象となるので覚えておきましょう。

実務経験は自己申告でOK。証明は不要

FP2級を受験する際に申告する実務経験の項目は『年数だけの自己申告』です。銀行で1年半&一般企業で1年という上記の例であれば、<2年半>とだけ記載します。

詳しい会社名はもちろんのこと、業務内容まで詳細に申告する必要はありません。また携わっていた証明書も不要で、あくまでも自己申告のみです。

FP2級の実務経験で嘘をついたらどうなる?

FP2級の実務経験で嘘をついたらどうなる?

「勤務していた証明書も不要で年数だけの自己申告で良いなら、実務経験が無くても”あることにして”FP2級を受験できるのでは?」と考える人も、残念ながら少なからずいるようです。つまり、嘘をつくということです。

自己申告した実務経験については、受験者一人一人に確認されることは無いです。現実的にも不可能です。しかしだからといって、嘘を書くことは当然ですが許される行為ではありません。

2級FP技能検定:受検資格「実務経験」について説明した日本FP協会のホームページにも、※虚偽・不正が発覚した場合、試験の中止、合格の取り消しを行う場合があるとも明記されています。

虚偽・不正が発覚した場合、試験の中止、合格の取消しを行う場合があります。
引用:2級FP技能検定:受検資格「実務経験」について(日本FP協会)

バレる・バレないでは無くてきちんと人に堂々と説明できる経験のみ、申告するようにしましょう。実務経験があると嘘をついてまで受験することに、何のメリットも無いからです。

実務経験の履歴に嘘を書かずとも、FP2級をいきなり受験する方法はあります。次項で、FP2級の受験資格がない場合の対処法を解説します。

FP2級の受験:実務経験なし・受験資格なしの場合の対処法

FP2級の受験:実務経験なし・受験資格なし

「2年以上のFP実務経験」は無いけれど、FP2級を受験したい・・その場合の対処法をまとめました。下記2つのいずれかの条件をクリアすれば、実務経験を積まなくともFP2級試験を受験できます。

  1. FP3級に合格する
  2. AFP認定研修を修了する

実務経験はあるけど合算しても2年間は働いていない・・という人でも、この方法ならばFP2級の受験が可能です。

①FP3級に合格する

いきなりFP2級にチャレンジするのでは無くて、まずFP3級から受験し合格を目指してみるのも良い方法です。FP3級の受験資格は、『FP業務に従事している者または従事しようとしている者』の一点のみだからです。

受験資格(3級)
FP業務に従事している者または従事しようとしている者
引用:3級・2級FP技能検定 試験要綱(日本FP協会)

実務経験を2年以上積むより簡単です。またFPの基本的なことを学べるため、いずれFP2級を取得する際にも役立ちます。

➁AFP認定研修を修了する

「FP3級は飛ばして、いきなりFP2級を受験したい」「2年以上の実務経験はないが、とにかく今すぐFP2級を取りたい」という場合は、AFP認定研修の修了で受験資格を得るのがFP2級取得への近道です。

AFPとは<アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー>の略称で、受講対象者別に基本課程・技能士課程・3級課程・税理士課程の4種類に分かれています。AFP認定研修の概要は以下の通り。

学習項目
  • FPの基礎
  • 金融資産運用設計
  • 不動産運用設計
  • ライフプランニング
  • リタイアメントプランニング
  • リスクと保険
  • タックスプランニング
  • 相続・事業承継設計
  • 提案書の作成
学習期間受講開始から1年以内に修了
研修形態DVDやインターネットを通じての通信講座が主

参考ページ:AFP認定研修について(日本FP協会)

FP3級を持たずFP2級の受験資格が欲しい場合は、AFP認定研修の中の「基本課程」を受講して修了すればOK。AFP認定研修を開講している機関を具体的に挙げると「ユーキャン」や「ECC」などの通信講座や、資格学校などが、日本FP協会の認定を受けた教育機関に該当します。

いきなりFP2級を受験でき、且つAFPの資格も同時に取得できる通信講座を一覧でまとめた記事を掲載しておきます。それぞれ比較してみて、ライフバランスに合った講座を選択しましょう。

Point!AFPを取得すればCFPの受験資格を取得可能、FP1級も狙える

AFPからCFP

AFP認定研修を修了して資格を取得すれば、CFPという上級資格の受験資格が得られます。CFPは日本FP協会が認定する上級資格で、サーティファイド・ファイナンシャルプランナーの略です。

世界25か国の地域で認められた世界水準のファイナンシャルプランニングサービスを提供できる、プロフェッショナルを証明する資格と明記されています。

またFP2級・AFP資格を取得した人でCFPとFP1級両方を取得したい人は、このCFPを受験→合格後にFP1級の実技試験を受けるという人も多いです。CFPに合格後は、有効期限が無くいつでもFP1級の取得にチャレンジできるからです。

FP2級は実務経験なしでも受験可能!受験資格まとめ

FP2級は実務経験なしでも受験可能!受験資格まとめ

FP2級は2年以上の実務経験が無くても、

  • FP3級に合格する
  • 日本FP協会が認定/実施するAFP認定研修を受講して修了する

いずれかを満たせば、誰でも受験できます。

FP2級を受験したいと思ってから実務経験を2年以上積むのは本当に大変です。この”実務経験”という壁のせいでFP2級の受験を諦めていた人は、まずAFP認定研修を受講することから始めてみてはいかがでしょうか?

最近では、FP2級とAFPが同時取得できる通信講座も増えてきました。わざわざ学校に通わなくても、こういった通信講座を利用すれば、自宅にいながら・働きながらでも効率よく勉強できます。

「FP2級をいきなり受験したいけど、実務経験はない」という場合はぜひチャレンジしてみてください。