損益計算書の見方のポイントは5つの利益です【株式投資に役立つ】

投資

こんにちは。

ファイナンシャルプランナー(1級FP技能士)のhanaです。

この記事では↓

お年玉で株式投資をはじめたんだけど企業の決算書がまったくわかりませーん。とりあえず財務3表の一つである損益計算書の見方とポイントを教えてください。

こんな悩みを解決します。

スポンサーリンク

損益計算書でわかる5つの利益

損益計算書とは企業(会社)の収益から費用を差し引いた利益を表示している決算書の1つです。

利益には企業が何をしていくら稼いだのかを表す「収益(儲け)」と何にいくら使ったのかを表す「費用(損)」の違いによって5つの利益にわけて表示されています。

hana
hana

損益計算書は英語でProfit and Loss Statement ですので略してP/Lと呼ばれています。

損益計算書(P/L)の見方

損益計算書

損益計算書でわかる5つの利益とは「売上総利益」「営業利益」「経常利益」「税金等調整前当期利益」「当期利益」です。

これより損益計算書の各利益について見方のポイントを解説いたします。

売上総利益

損益計算書の見方のポイント①は「売上総利益」です。

売上総利益とは売上高から売上原価を差し引いた利益(粗利)のことです。

売上高-売上原価=売上総利益(粗利)

売上高とは本業による収益のことです。

製造業であれば製品を取引先に販売した代金、小売業・サービス業であればお客さんに販売した代金や提供したサービス料金です。

あくまで本業による収益のことで副業収入は含まれません。

例えば本業が小売業で副業として不動産賃貸業を営んでいる場合の不動産収入は売上高には含まれませんのでご注意ください。

hana
hana

売上高の計上時期は原則として商品を引き渡したときです。商品代金を受け取ったタイミングではないので売上高と現金が一致しない場合があります。この点は損益計算書を読むうえで重要なポイントとなります。なお現金の動きはキャッシュフロー計算書で確認できます。

売上原価とは売上高に対して発生した(費やした)費用のことです。

製造業であれば製品を製造するためにかかった費用、小売業であれば販売した商品の仕入れ代金です。

実際の売上高に対応する原価が対象ですので、例えば仕入れた商品が売れずに在庫になった場合のその在庫は売上原価に含まれません。

営業利益

損益計算書の見方のポイント②は「営業利益」です。

営業利益とは売上総利益から販売費および一般管理費を差し引いた利益のことです。

売上総利益-販売費および一般管理費=営業利益

販売費および一般管理費とは店舗・事務所・作業場の家賃や従業員の給料、広告宣伝費、通信費や交際費などの営業活動に要した費用のことです。

hana
hana

略して「販管費」と一般的に呼ばれています。

経常利益

損益計算書の見方のポイント③は「経常利益」です。

経常利益とは営業利益に営業外損益(営業外収益-営業外費用)を加算した利益のことです。

営業利益+(営業外収益-営業外費用)=経常利益

営業外収益とは本業以外で発生する収益のうち経常的に発生するものをいいます。

副業収入が経常的に発生している場合の収益、預貯金や国債・地方債などの公社債の受取利息等が該当します。

営業外費用とは本業以外で発生する費用のうち経常的に発生するものをいいます。

営業外収益になる副業に対応する費用、借入金の支払利息等が該当します。

hana
hana

経常利益は「ケイツネ」と呼ばれ(もちろん呼ばない人もいます)株式投資をするうえで重要視されている利益です。

税金等調整前当期利益(税引前当期利益)

損益計算書の見方のポイント④は「税金等調整前当期利益(税引前当期利益)」です。

税金等調整前当期利益(税引前当期利益)とは経常利益に特別損益(特別利益-特別損失)を加算した利益のことです。

経常利益+(特別利益-特別損失)=税引前当期利益

特別利益とは本業以外で発生した利益のうち臨時的(一時的)に発生したものをいいます。

保有していた株や債券等の有価証券売却益や所有不動産の売却による固定資産売却益などが該当します。

特別損失とは本業以外で発生した損失のうち臨時的(一時的)に発生したものをいいます。

保有していた株や債券等の有価証券売却損や所有不動産の売却による固定資産売却損などが該当します。

hana
hana

また、特別損失には災害や盗難などによる突発的損害に要した費用も含まれます。

当期利益

損益計算書の見方のポイント⑤は「当期利益」です。

当期利益とは税引前当期利益から法人税等(法人税、法人住民税、法人事業税)を差し引いた純利益のことです。

税引前当期利益-(法人税+法人住民税+法人事業税)=当期利益

スポンサーリンク

損益計算書を活用した分析

損益計算書のみで分析できる手法を3点紹介いたします。

損益計算書では主に企業の収益性を分析することが可能です。

売上高総利益率

売上高総利益率とは売上高に占める売上総利益の割合です。

売上総利益÷売上高×100=売上高総利益率(%)

売上総利益率により製品や商品・サービスの利益率がわかります。見方を変えると原価率が高いか低いかを分析することができます。

例:売上高1億円、売上総利益3,000万円の場合

3,000万円÷1億円×100=30%

売上原価は業種により異なりますので一概に売上高総利益率が高ければいいと判断することはできませんが、同業種間で比較する場合や自社の過去の数値と比較する場合などに効果的に活用することができます。

売上高営業利益率

売上高営業利益率とは売上高に占める営業利益の割合です。

営業利益÷売上高×100=売上高営業利益率(%)

営業利益とは家賃や人件費も考慮した本業による収益ですので売上高営業利益率を計算することで本業の利益率が分析できます。

売上高経常利益率

売上高経常利益率とは売上高に占める経常利益の割合です。

経常利益÷売上高×100=売上高経常利益率(%)

経常利益とは副業収益や預金の利息なども含めた事業全体の収益ですので売上高経常利益率を計算することで事業全体の利益率が分析できます。

hana
hana

なお上記3つの利益率は「同業他社比較」をすることで他社よりも優れているか改善すべき点はないか、や「自社の過去との比較(期間比較)」をすることで自社の成長性や変化の程度等を知ることができ今後の改善に役立ちます。

さいごに

今回は損益計算書の見方として5つの利益と3つの利益率計算のポイントをお伝えいたしました。

損益計算書の見方を知っていることは会社経営者はもちろん、働く従業員が自社の状態を知るうえでも役立ちますし、取引先の経営状況を知る場合にも活用できます。

また株式投資などの投資目的の場合も損益計算書の見方を知っていることはアドバンテージになりますのでぜひ読めるようになっておきましょう。