株はギャンブルなのかについて株歴17年の1級FPが解説します

投資

こんにちは。

FP事務所を運営しているファイナンシャルプランナーのhanaです。

今回は↓

株式投資に興味があるんだけど、友人が「株はギャンブルだからやめたほうがいい」って言うから迷ってます。ねえ、株はギャンブルなの?どっち?

こんな疑問にお答えします。

スポンサーリンク

ギャンブルとは

まずは株がギャンブルに該当するかどうかを辞書を基準に判断してみます。

そのためには、そもそもギャンブルとは何か、について知る必要があります。

「ギャンブル」を辞書で引いてみると…

賭け事。博打。投機。

出典:三省堂(大辞林第三版)

これだけではよくわかりませんので「賭け事」について辞書を引きますと…

金品を賭けてする勝負事。かけ。

出典:三省堂(大辞林第三版)
hana
hana

株式投資には金品(お金)を賭けてする勝負事という側面がありますので、短期の利益をねらう投機的売買の場合は「株=ギャンブル」という考えは正しい、と判断してよさそうです。

ですが、辞書の結果だけで株も丁半博打と同じ種類のものだと判断するには早計です。

ここからは別の判断基準をもとに考えてみます。

期待値で考える株とギャンブル

投資やギャンブルにおける期待値とは投資額(支出額)に対する受け取れるリターンのことです。

ここで注意すべき点は、期待値はその投資やギャンブルを主催する胴元の取り分(控除率)が差し引かれて計算されることです。

例をあげると100円の投資に対して胴元が10円を手数料として徴収する場合、期待値は90%(円)となります。

これより一般的にギャンブルとされている取引の期待値を紹介します。

期待値一覧

※期待値はすべて100円の支出に対していくら戻ってくるのかを、おおよその目安で表記いたします。

①競馬、競輪、競艇、オートレース

期待値:約75円

②パチンコ、スロット

期待値:約80円~95円

※店舗や台次第で個別にみた儲けや損は大きく変わりますが、大数でみた期待値は約80円~95円というところです。なおパチンコよりもスロットが期待値が高い傾向にあります。

③宝くじ

期待値:約45円

※宝くじは当せん金付証票法に基づいて地方自治体が運営しています。期待値はかなり低いですが、当たった場合に税金が非課税であることと夢があります。

④ルーレット

期待値:約95円

⑤ブラックジャック

期待値:約96円~102円

※ブラックジャックはテクニック次第で期待値100%超えが可能です。

スポンサーリンク

株の期待値

株の期待値は短期(超短期)と長期にわけて判断します。

短期売買

ここでの短期売買とは株を買った瞬間にそのまま売るようなケースです。

この場合、証券会社に手数料(証券会社によっては○○万円までの売買は手数料無料もありますが)を支払う分(胴元の取り分)だけマイナスになります。

例えば、100円の投資に対して手数料が2円であれば期待値は98円になります。

長期投資の場合

長期投資の場合でも証券会社に手数料を払う点は短期売買と同様です。

ですが、長期投資の場合は「経済全体の成長や個別企業独自の成長による価値の増加」があります。

この成長分を加味して期待値を算出する場合、平均期待値は100を超えます。

hana
hana

これはすべての銘柄において期待値が100を超えるという意味ではありません。これまでの株式市場等の平均から計算された数字です。

全体でみると期待値100を超えていますが、個別でみるとどうでしょうか。

プラスの場合とマイナスの場合の一例を紹介します。

①TOPIX(東証株価指数)

日本のTOPIX(東証株価指数)ですが、これは1968年1月4日時点の東証時価総額を100として計算した数字ですが、2020年3月26日(執筆時点)終値では1399.32と約14倍となっています。

②バブル期に購入

1989年12月29日に日経平均株価は3万8,915円の最高値をつけています。ですが2020年3月26日の日経平均株価終値は1万8,664.4円でしたので約0.48倍になっています。

さいごに

今回の記事では「株はギャンブルなのか」について辞書からの引用と期待値から計算した数字をもとに説明いたしました。

私は株式投資を企業を応援(出資)する目的で長期スパンで行う場合は「投資」で、短期の値幅取りをする場合は「投機(ギャンブル)」と考えています。参考になれば幸いです。

株式投資におすすめの証券会社について、手数料体系や取扱商品を解説している記事です。ぜひご参照ください。

投資
スポンサーリンク
シェアする
hanaをフォローする
資産運用を始めたい人や投資ポートフォリオの見直しをしたい人におすすめ! 「投資の種類を選ぶための4つのポイント」と「10種類の資産運用方法(リターン・リスク・投資金額・運用期間の目安)」がわかります!
FP資格とお金の情報サイト