ロボアドバイザーとは?仕組みや運営会社の選び方を解説!

投資

こんにちは。

ファイナンシャルプランナー(1級FP技能士)のhanaです。

ロボアドバイザー投資とは「いくつかの簡単な質問」に答えるだけでAIが自動で「最適な資産運用」を提案(または提案+運用)してくれる投資方法です。

「投資経験が浅い人」「投資の知識が少ない人」「投資にかける時間があまりない人」でも簡単な質問に答えるだけで長期投資を目的とした最適な資産運用ができますので、そのはじめやすさも手伝い近年ロボアドバイザー投資(略してロボアド投資)の市場規模も大幅に拡大しています。(※)

※ロボアドバイザーサービスを運営するWealthNavi(ウェルスナビ)では正式リリースから約3年11カ月で口座開設数31万件、預かり資産2,600億円を突破(2020年7月9日現在)

hana
hana

そこで、この記事では「これからロボアドバイザー投資をはじめてみようかな」と考えていらっしゃる人にむけて、ロボアド投資の仕組みと運営会社の選び方をわかりやすく解説します!

スポンサーリンク

ロボアドバイザー投資の仕組み

「いくつかの簡単な質問」に回答するだけで「最適な資産運用」をAI(人工知能)が提案してくれるロボアドバイザー投資ですが、ここではその仕組みを理解するうえで重要な「リスク許容度」「提案される資産運用の構成」「2種類のロボアド投資」についてそれぞれ解説します。

リスク許容度に応じて資産運用を提案

AIが最適な資産運用を提案するために行う質問は投資をする人によって異なる「リスク許容度」を診断するためです。

リスク許容度とは簡単に言えば「その人がどれくらいのリスクを受け入れることができるのか」という指標のことで、おもに年齢や年収、保有金融資産などを基準に判断されます。

リスク許容度をはかるための質問数はロボアドバイザーサービスを提供する運営会社によって異なります。

例えばウェルスナビでは

①年齢(20代や30代といった年代を選択)

②年収(あてはまる金額を選択)

③金融資産(あてはまる資産額を選択)

④毎月の積立額(項目から選択)

⑤資産運用の目的(項目から選択)

⑥株価が下落したときの考え方(売却するのか、追加投資を行うのか、など)

上記の6項目に基づいてリスク許容度が診断されます。

こういった質問をもとに最適な資産運用が提案されます。

ロボアドが提案する投資資産の構成

ロボアドバイザーが提案する資産運用は、おもに「海外ETF(上場投資信託)を組み合わせた国際分散投資」です。(※投資信託や国内株を提案しているサービスもあります)

ETF(上場投資信託)とは証券取引所(金融商品取引所)に上場している投資信託のことで、海外ETFには下記のような種類があります。

海外ETFの種類(一例)

・米国株ETF

・米国債券ETF

・欧州株ETF

・中国株ETF

・新興国株ETF

・新興国債券ETF

・金(ゴールド)ETF

・不動産ETFなど

上記のような様々な海外ETFを投資家のリスク許容度に応じてAIが提案します。

AIの提案(海外ETFの組み合わせ方)は、WealthNaviTHEO+docomoではノーベル経済学賞を受賞した理論に基づく「最適ポートフォリオ」(投資地域や投資資産を最も効率的に組み合わせた構成)で提示されます。

hana
hana

ノーベル経済学賞を受賞した理論に基づいていますので、AI(人工知能)のレベルが低かったらどうしよう…といった心配はいりません!

ロボアドバイザー投資の種類

ここまで、ロボアドバイザー投資は、①投資家の年齢や年収、金融資産などを基準としたリスク許容度に応じて②世界的に認められている(ノーベル経済学賞)理論に基づいた最適ポートフォリオ(おもに海外ETFで構成)を提案してくれる、とお伝えしました。

そして、このロボアドバイザー投資は、最適ポートフォリオ提案後の対応によって2種類に分類されます。

一つが提案までで運用サポートを行わない投資アドバイス型(助言型)、もう一つが提案後の運用までサポートする投資一任型(運用型)です。

投資一任型は最適ポートフォリオの提案から運用、また運用中のリバランスというETF間の調整まですべてロボアドバイザーが行ってくれます。ただしデメリットもあり、投資一任型はNISA口座(一定額までの利益が非課税)で利用することができません。

一方で投資アドバイス型は提案後の運用は投資家自身で行わないといけない反面、NISA口座を利用できるメリットがあります。

hana
hana

ロボアドバイザー投資の主流は「投資一任型」となっていますが、検討するにあたってはご自身の投資経験や知識、投資に割ける時間、NISA活用の有無など総合的に判断する必要があります。

ロボアドバイザー運営会社を選ぶコツ

質問に答えるだけで最適な資産運用を提案してくれるロボアド投資の基本的な仕組みはどの運営会社も同じですので、余計に運営会社の特徴がわかりづらく特に投資初心者の方は「どのロボアドバイザー運営会社を選べばいいのか」判断が難しいと思います。

運営会社を選ぶ基準は人それぞれ異なりますが、おもに下記の基準で検討されるとご自身の投資目的に合った運営会社をみつけやすいです。

ロボアド運営会社を選ぶ基準

・投資一任型か投資アドバイス型か

・運営会社の実績

・投資対象や投資戦略

・最低投資金額

・手数料

・利回り

・自動積立機能の有り無し

・運営会社独自のサービス

hana
hana

特にロボアドバイザー運営会社の実績(信頼性)が大事です。加えてはじめてロボアド投資をする場合は少額投資が可能な運営会社がいいと思います。

これより私が利用しているロボアドバイザーサービスのうち、運営会社としての実績が高いウェルスナビと1万円からの少額投資が可能なTHEO+docomoの2社について、それぞれ特徴を紹介します。

WealthNavi(ウェルスナビ)

WealthNavi(ウェルスナビ)は資産運用を「長期・積立・分散」でサポートする投資一任型のロボアドバイザー運営会社です。

大手金融機関ベンチャーキャピタルである「SMBCベンチャーキャピタル」や「みずほキャピタル」「三菱UFJキャピタル」が出資者に名を連ねる同社は2016年7月のサービス開始から約3年11カ月で預かり資産2,600億円、口座開設数31万口座を突破しています。(2020年7月9日現在)

2019年12月時点におけるモーニングスター社調べでロボアドバイザーの預かり資産・運用者数で第一位に選ばれていますので投資家からの支持も高い運営会社と言えます。

ウェルスナビの特徴

運営会社:ウェルスナビ株式会社

ロボアドの種類:投資一任型

投資対象:海外ETF

リスク許容度の判定:6つの質問

最低投資金額:10万円

手数料:預かり資産に対して年率1%(運用期間と金額に応じて最大0.9%まで割引あり)

※3,000万円を超える部分は年率0.5%

運用実績:2016年1月から2020年6月までのリスク許容度別トータルリターン12.5%~17.6%(円建て)

自動積立機能:あり。1万円から可能

リバランス機能(最適ポートフォリオを保つための自動調整):あり

税金最適化機能(税負担を調整(含み損の実現など)して投資効率を向上させる仕組み):あり

WealthNavi【公式サイト】

hana
hana

投資一任型のロボアド運営会社を実績面で選ぶなら「ウェルスナビ」が1番だと思います!

※ウェルスナビは最低投資金額が10万円というところが少額資金で投資をはじめたい人にとってネックになる部分ですが、SBIネオモバイル証券(ネオモバ)に口座を開設すると「WealthNavi for ネオモバ」を利用することができ、最低投資金額1万円(自動積立は5,000円)でウェルスナビをはじめることができます。

こちら↓はネオモバのメリットやデメリットを解説している記事です。

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)【公式サイト】

THEO+docomo

THEO+docomoはTHEOを運営する株式会社お金のデザインとNTTdocomoが協業して提供している投資一任型のロボアドバイザーサービスです。

2020年6月末時点で10万人以上が運用(THEO、THEO+含む)している同サービスは預かり資産に応じて毎月dポイントがもらえる(ドコモユーザーは1.5倍)などNTTdocomoとの協業による独自サービスを展開しています。

運用面ではWノーベル賞を受賞した理論に基づいて231通り(内訳:86の国、地域の11,000銘柄以上が対象)から最適なポートフォリオを提案して運用してくれます。

THEO+docomoの特徴

運営会社:THEO(株式会社お金のデザイン)、NTTdocomo

ロボアドの種類:投資一任型

投資対象:海外ETF

リスク許容度の判定:5つの質問

最低投資金額:1万円

手数料:預かり資産に対して年率1%(dカードGOLD会員などの要件を満たす場合0.9%~0.65%の割引適用あり)

※3,000万円を超える部分は年率0.5%

運用シミュレーション:2007年からTHEO+docomoで運用した場合のシミュレーション利回り8.4%(年率)

※THEO+docomoホームページより

自動積立機能:あり。dカードでの買い物で発生した「おつり」も積立できる

リバランス機能:あり

税金最適化機能:あり

THEO+docomo【公式サイト】

hana
hana

THEO+docomoは1万円から投資可能です。そのためロボアド投資を信頼できる運営会社で少額からはじめたい場合は特におすすめです!

さいごに

ロボアド投資は質問に答えるだけでノーベル経済学賞を受賞した理論に基づく資産運用ができますので、「投資の知識や経験が浅い人」や「投資に割ける時間があまりない人」「長期的な資産運用をしたい人」に向いている投資と言えます。

ただし、投資である限り元本の保証はありませんので、投資判断にあたってはご自身の投資目的にあう運営会社かどうか、提案を受けたポートフォリオは納得できる構成か、などしっかり検討することが大切です。

ロボアドバイザーを投資目的別に選ぶさいにおすすめの会社を紹介している記事です。ぜひご参照ください。