キャッシュフロー計算書の見方を押さえて経営や投資に活かす

投資

こんにちは。

ファイナンシャルプランナー(1級FP技能士)のhanaです。

今回は↓

企業のお金の動きを把握するにはキャッシュフロー計算書が有効らしいね。株式投資にも役立ちそうだから今回はキャッシュフロー計算書の見方を教えてください。

了解しました。

スポンサーリンク

キャッシュフロー計算書とは

キャッシュフロー計算書とは企業(会社)の会計期間中にかかるお金の出入り(お金の流れ)を帳簿にまとめることで会社に現金がいくらあるのかを知ることができる会社版家計簿のようなものです。

決算資料のなかでも損益計算書、貸借対照表と並ぶ重要な書類として投資家等に注目されています。

hana
hana

英語での表記が Cash Flow Statement のため略してCSと呼ばれています。

直接法と間接法

キャッシュフロー計算書は「営業活動によるキャッシュフロー(営業CF)」「投資活動によるキャッシュフロー(投資CF)」「財務活動によるキャッシュフロー(財務CF)」の3つのお金の増減を加算減算して期末時点のお金の残高を計算します。

計算は損益計算書と貸借対照表をベースに行うのですが、やり方には「直接法」と「間接法」の2種類があります。

直接法と間接法で大きく計算方法が異なるのは「営業活動によるキャッシュフロー」を求めるときです。

直接法では販売金額や仕入れ金額などの主要な取引ごとに総額を記載していきキャッシュを計算します。

お金の流れを詳細につかめる反面、作成にあたり資料の収集等に手間がかかります。

間接法では損益計算書の当期純利益をもとに減価償却費やたな卸資産の増加額等を加算減算してキャッシュを計算します。

損益計算書や貸借対照表から項目を抜き出して記載していくので作成が容易な反面、直接法に比べると詳細なお金の把握という点で多少劣ります。

hana
hana

企業の決算書では一般的に間接法が採用されています。なお直接法、間接法のいずれで計算しても金額は同じになります。(もし金額が変わるようであればどこかにミスがあるということです)

こちら↓は損益計算書と貸借対照表の見方やポイントを解説している記事です。よろしければご覧ください。

営業活動によるキャッシュフロー(営業CF)

営業活動によるキャッシュフローでは本業によるキャッシュの増減を把握することができます。

なおキャッシュとは現金および現金同等物(定期預金や容易に換金できる有価証券など)のことです。

ここでは間接法による営業CFの構成についてお伝えします。

キャッシュがプラスになる営業CF

・減価償却費

・支払利息

・たな卸資産の減少額

・売上債権の減少額

・仕入債務の増加額

・貸倒引当金の増加額

・有価証券評価損など

キャッシュがマイナスになる営業CF

・受取利息および受取配当金

・たな卸資産の増加額

・売上債権の増加額

・仕入債務の減少額

・貸倒引当金の減少額など

損益計算書の当期純利益に上記のプラス・マイナスを加算減算して小計を求めたのち、小計から法人税等の支払額を差し引くことで「営業活動によるキャッシュフロー」を求めることができます。

hana
hana

営業CFは最低でもプラスであることが株式投資等をするうえでの判断材料の一つになります。仮に当期純利益がプラスで営業CFがマイナスになっている場合、その状態が継続するといわゆる黒字倒産の可能性が発生します。

スポンサーリンク

投資活動によるキャッシュフロー(投資CF)

投資活動によるキャッシュフローでは会社が事業拡大等のためにどれだけの設備投資等をしているかのキャッシュの増減を把握することができます。

キャッシュがプラスになる投資CF

・定期預金等の払戻による収入

・有価証券の売却による収入

・固定資産の売却による収入など

キャッシュがマイナスになる投資CF

・定期預金等の預入による支出

・有価証券の取得による支出

・固定資産の取得による支出など

投資活動によるお金の増減を計算したものが投資CFですが、一般的に事業拡大の成長過程にある企業の投資CFはマイナスになる場合が多く、これは投資家等にとって好ましいと考えられています。

投資CFがプラスということは有価証券や固定資産などを売却しているということですので、みる人の見方次第という一面はありますが「なにかお金が必要になるのっぴきならない事情でもあったんじゃないか…」と不安視される場合もあります。

この点からも投資CFはマイナスであることが好ましいといえます。

hana
hana

ただし、不動産市況や株式市場の値上がりによる売却や企業の資産構成の変更等を理由に売却したなど積極的な要因で投資CFがプラスになる場合も当然ありますので、一概に投資CFはマイナスがいいと判断することはできません。

財務活動によるキャッシュフロー(財務CF)

財務活動によるキャッシュフローでは銀行等への借入金の返済や自己株式の取得など財務に関するキャッシュの増減を把握することができます。

キャッシュがプラスになる財務CF

・短期借入金による収入

・長期借入金による収入

・社債の発行による収入

・株式の発行による収入など

キャッシュがマイナスになる財務CF

・短期借入金の返済による支出

・長期借入金の返済による支出

・社債の償還による支出

・自己株式の取得による支出

・配当金の支払いによる支出

財務CFはお金を借りることでプラスになり返済することでマイナスになる指標ですので、一般的に優良企業(業績が良い)の財務CFはマイナスとなる場合が多いです。

借入額が返済を上回る会社よりも返済額が上回り配当金等もしっかり出している会社のほうが投資家等にとってもメリットが感じられますので財務CFはマイナスが好まれる傾向にあります。

スポンサーリンク

3つのキャッシュは総合的に判断する

営業CF、投資CF、財務CFの3つのキャッシュフローは個別に判断することも大切ですが3つを合わせて総合的に判断することも重要です。

フリーキャッシュフロー

フリーキャッシュフローとは一般的に営業キャッシュフローから投資キャッシュフローを差し引いた金額で会社(企業)が自由に使うことができる資金のことです。

営業CF-投資CF=フリーキャッシュフロー

この金額がプラスであれば企業は内部留保を強化することや、資金を借入金の返済にまわすことで財務体質を改善する等の経営の向上につかうことができますのでフリーキャッシュフローがどれくらいあるかは大事な指標であるといえます。

なお、フリーキャッシュフローは構成上、営業CFが増加すれば増えますし投資CFが減少することでも増やすことができます。

投資CFを減らすということは設備投資等による将来のリターンも減らしてしまう(将来の営業CFが減る)可能性がありますので、投資判断等にあたってはフリーキャッシュフローの数値だけでなく営業CFと投資CFの配分にも注視して検討する必要があります。

優良企業の3つのキャッシュ

業績が良く成長過程にある企業の3つのキャッシュは営業CFがプラス、投資CF・財務CFがマイナスになる傾向があります。

これは事業が順調なため営業CFがプラスになり将来を見据えて設備投資等を行うことによって投資CFがマイナスとなる、そして事業が順調なためお金(キャッシュ)があり借入金等の返済や配当金の支払いができる、よって財務CFがマイナスになると考えられるためです。

hana
hana

たまたま営業CFがプラス、投資CF・財務CFがマイナスになっただけという場合もありますので、投資可否等の判断時は各キャッシュフローの個別項目まで読まなければなりません。

注意が必要な3つのキャッシュ

優良企業とは反対に注意が必要だと考えられている3つのキャッシュの組み合わせは営業CFがマイナス、投資CF・財務CFがプラスの場合です。

これは事業が上手くいっていないことによる営業CFのマイナスと上手くいっていないから有価証券や固定資産等を売却しているのでは、という投資CFのプラス、また資金難のため新たな借入金や株式発行をしているのでは、という財務CFのプラスの可能性があるためです。

なお、投資の検討等にあたってはキャッシュフローの個別項目までみて判断することが大切なことは優良企業の場合と同様です。

さいごに

今回はキャッシュフロー計算書の見方のポイントとして営業キャッシュフロー、投資キャッシュフロー、財務キャッシュフローの各項目の見方や経営・投資判断において重要なポイントを紹介いたしました。

上場企業の決算書の1つであるキャッシュフロー計算書は企業(会社)のお金の動きがわかる重要な資料ですので投資判断等にもしっかり活用していきましょう。