保険の契約転換制度や自動振替貸付制度とは?【FP講座】

リスク管理

こんにちは。

ファイナンシャルプランナー(1級FP技能士)のhanaです。

今回のFP2級、FP3級講座では、リスク管理の分野から契約転換制度、保険料の支払いが困難な場合の対応方法、自動振替貸付制度、契約者貸付制度について説明いたします。

それでは、FP講座を始めます。

スポンサーリンク

契約転換制度

生活環境の変化などを理由に現在加入している保険を別の保険に変えたい場合があるかもしれません。

そんなときに契約転換制度を利用することで、現在加入している保険の責任準備金積立配当金を活用して、加入している保険会社の別の保険商品に加入することができます。

現在加入している保険の責任準備金と積立配当金の合計額転換価格として別の保険商品の保険料に充当することができます。

hana
hana

転換部分は下取りのイメージです。転換価格によって保険料は安くなります。

契約転換制度を利用するさいは、転換時の年齢で保険料が計算され、また医師の診査や告知が必要になります。

保険料の支払いが困難な場合の対応方法

経済的な事情などで保険料の支払いが難しい場合、保険金額を減額することで保険料負担を軽減することができます。

なお、減額部分は解約とみなされ、解約返戻金があれば支給されます。

その他、現在加入している保険の特約部分はなくなりますが、払済保険や延長定期保険という仕組みを活用することもできます。

払済保険

払済保険とは、現在加入している保険の解約返戻金同じ種類の別の保険に一時払いとして充当することで、以降の保険料を支払うことなく保険を継続することができる仕組みです。

hana
hana

払済保険を利用する場合、保険期間に変更はありませんが、保険金額は下がります。

延長定期保険

延長定期保険とは、現在加入している保険の解約返戻金を利用して一時払いの定期保険に変更することです。

hana
hana

延長定期保険の場合は、保険金額は変わりませんが、保険期間は解約返戻金により程度に違いはありますが、短くなります。

自動振替貸付制度

保険料は支払期日までに支払いがない場合でも一定の猶予期間があることを前回お伝えしましたが、その猶予期間を過ぎても支払いがない場合、保険会社が現在の解約返戻金の範囲内で保険料を立て替え払いする仕組みが自動振替貸付制度です。

もし、解約返戻金がない、などの理由で自動振替貸付制度を利用できない場合、保険契約は失効します。

ただし、原則3年以内であれば保険会社の承諾を得ることで、失効前と同じ契約内容で保険契約を復活させることもできます。

ただし復活するには、失効中の保険料と利息の支払いを済ませて、かつ、医師の診査や告知も必要です。

契約者貸付制度

契約者貸付制度とは、現在加入している保険の解約返戻金の範囲内で保険会社からお金を借りることができる制度です。なお、借り入れた資金には所定の利息が発生します。

さいごに

今回はFP2級、FP3級試験出題範囲から、 契約転換制度、払済保険、延長定期保険、失効時の自動振替貸付制度、契約者貸付制度 について説明させていただきました。

赤い文字や黄色のマーカー部分が試験攻略のポイントになりますので参考にしてくださいますと幸いです。

こちら↓は保険契約の悩みや不安をファイナンシャルプランナーに無料相談できるサービスを解説している記事です。ぜひご参照ください。