借地権や貸家建付地の相続税評価額の計算方法【FP講座】

相続・事業承継

こんにちは。

ファイナンシャルプランナー(1級FP技能士)のhanaです。

今回のFP2級・FP3級資格試験講座は借地権や貸家建付地(かしやたてつけち)の相続税評価額について説明します。

それぞれ計算方法が異なりますので、学習のさいは違いに注意して学習しましょう。

それでは、FP講座を始めます。

スポンサーリンク

借地権の評価額

借地権の評価額とは、土地の地主に地代を支払って土地を利用している借地権そのものの権利の価格のことです。

借地権の評価額

自用地としての評価額×借地権割合=借地権の評価額

なお、自用地としての評価額とは路線価方式や倍率方式で求めた評価額のことです。

↓こちらのFP講座で解説していますのでよろしければご覧ください。

貸宅地の評価額

貸宅地の評価額とは、借地権が設定されている土地の評価額のことです。

貸宅地の評価額

自用地としての評価額×(1-借地権割合)=貸宅地の評価額

hana
hana

借地権が設定されている分、自用地価格より安くなります。

例:Aさんの土地(自用地価格1億円)をBさんが借りている場合(借地権割合70%)のAさんの土地(貸宅地)の評価額は?

1億円×(1-70%)=3,000万円

スポンサーリンク

貸家建付地の評価額

貸家建付地とは、土地の所有者である地主が土地の上に建物を建て、その建物を貸し付けている場合の宅地のことです。

貸家建付地の評価額

自用地としての評価額×(1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合)=貸家建付地の評価額

例:自用地価格2億円、借地権割合70%、借家権割合30%、賃貸割合100%のアパートの場合、宅地評価額はいくらになるか?

2億円×(1-70%×30%×100%)=1億5,800万円

使用貸借の評価額

使用貸借とは、貸主の土地などを無償で借主に貸すことです。例えば、親の土地を子が無償で借りて家を建てる場合などが該当します。

使用貸借している宅地の評価額は自用地としての評価額となります。

hana
hana

使用貸借は無償で貸す契約ですので借地権のように強い権利は認められていません。ですので使用貸借の宅地は自用地としての評価額です。これは使用貸借の権利そのものの価格はゼロということです。また使用貸借している土地に対する贈与税もかかりません。

さいごに

今回はファイナンシャルプランナー2級・3級試験範囲から借地権、貸宅地、貸家建付地、使用貸借の相続税評価額について解説いたしました。

ファイナンシャルプランナー試験では、特に「貸家建付地」の計算問題は頻繁に出題されますので、計算に慣れておいてください。

このFP資格講座が勉強のお役に立てば幸いです。